iPhoneの初期化ってどうするの?初期化方法と注意点をご紹介

iPhone

iPhoneを修理や買取に出す時に行うのが初期化機能です。普段はあまり使う機会がないので、「方法が分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

本記事ではiPhoneの初期化方法やタイミング、注意点などをご紹介します。

iPhoneの初期化とは

iPhoneの初期化とは、iPhoneを工場出荷状態に戻すことをいいます。初期化を行うと、データが完全に消去されます。消去されるデータは以下の通りです。

・写真、音楽、連絡先

・メール(送受信すべて)

・Wi-Fi、位置情報、機能制限、パスコードロック、アクセシビリティなどの設定すべて

iOSは初期化されませんが、すべての設定が初期値に戻ります。そのため、必要なデータはあらかじめバックアップしておく必要があります。

iPhoneの初期化を行うタイミング

iPhoneの初期化は、主にiPhoneを下取りや売却、譲渡する場合に行います。iPhoneが他の人の手に渡る際に、個人情報の漏えいを防ぐことが目的です。

また、iPhoneの不具合が直らない場合の最終手段として行われる場合もあります。

iPhoneを初期化する前にやること

iPhoneを初期化してしまうと、データがすべて消えてしまいます。そのため、初期化する前に必要なデータがあればバックアップを取るなどの作業を行いましょう。

主に以下の作業があります

・バックアップを取る

・アプリやLINEの引き継ぎ準備をする

・「iPhoneを探す」をオフにする

・「iMessage」と「FaceTime」をオフにする

・Apple Payに登録済みのSuicaを削除する

・Apple Watchのペアリングを解除する

バックアップを取る

iPhoneを初期化する前にまず行いたいのが、データのバックアップ作業です。

iPhoneのバックアップは、iCloudで行う方法とパソコン(iTunes)で行う方法があります。自分に合った方法でバックアップを行いましょう。

アプリやLINEの引き継ぎ準備をする

アプリやLINEは引き継ぎの手続きを行わないと、データが消えてしまいます。そのため、あらかじめバックアップや引き継ぎ準備を行いましょう。

「iPhoneを探す」をオフにする

「iPhoneを探す」をオフにすることも重要な作業です。「iPhoneを探す」をオフにしないと、新しいユーザーが使う際に「アクティベーションロック」というロックがかかってしまいます。

「iPhoneを探す」の機能は以下の方法でオフにします。

1.「設定」→「自分のApple ID名」をタップします。

2.「探す」→「iPhoneを探す」をタップします。

3.「iPhoneを探す」をオフにします。

4. Apple IDのパスワードを求められるので、パスワードを入力してオフにします。

Apple Payに登録済みのSuicaを削除する

「Suica」をApple Payに紐づけていた場合、「Wallet」アプリからSuicaを削除しましょう。削除の作業を行わないと、新しく作ったSuicaに残高を移行できません。

1.「Wallet」アプリを開きます。

2.登録されているカードの中からSuicaを選びます。

3.右上の「…」をタップし、最下部の「このカードを削除します」をタップしたら完了です。

「iMessage」と「FaceTime」をオフにする(Androidに機種変更する人)

iPhoneからAndroid端末に乗り換える場合は、「iMessage」と「FaceTime」をオフにしましょう。登録を解除しないと、SMSやテキストメッセージが届かない可能性があります。

解除の方法は以下の通りです。

・iMessage

1.「設定」→「メッセージ」の順にタップします。

2.「iMessage」をオフにします。

・FaceTime

1.「設定」→「FaceTime」をタップします。

2.「FaceTime」をオフにします。

Apple Watchのペアリングを解除する(Apple Watchを持っている人)

Apple WatchとiPhoneをペアリングしている場合は、初期化前にペアリングを解除します。あらかじめペアリングを解除しないと、Apple Watchが使用できなくなる可能性があります。

1. Apple WatchとiPhoneを近づけて、iPhoneで「Apple Watch」アプリを開きます。

2.「マイウォッチ」タブをタップします。

3.「Apple Watch」をタップします。

4.ペアリングを解除するApple Watchの「i」アイコンをタップし、「Apple Watchとペアリングを解除」をタップすれば完了です。

iPhoneの初期化方法

バックアップなどの作業を行ったら、いよいよiPhoneを初期化します。

初期化方法はとても簡単で、作業自体は約5分で完了します。

1.「設定」をタップします。

2.「一般」をタップします。

3.「リセット」をタップし、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしましょう。

4.「いますぐ消去」をタップして完了です。

パソコンを使って初期化する方法

iPhone本体が壊れて操作できなかたり、動作が重かったりする場合、パソコンを使って初期化する方法もあります。WindowsとMac、どちらでも可能です。

初期化にはiTunesを使用します。

1.パソコンでiTunesを開いたら、iPhoneとパソコンをケーブルで接続します。

2.iPhoneのアイコンをクリックし、「iPhoneを復元」をクリックします。

3.「お使いのiPhoneを工場出荷状態の設定に戻してもよろしいですか?」のメッセージが表示されたら、「復元」ボタンをクリックします。

4.iPhoneが初期化されます。iOSが最新のバージョンでなかった場合、初期化後に最新のOSにバージョンアップされます。

初期化する場合はバックアップを忘れずに

iPhoneの初期化は、主に買取や下取り、他人に譲渡する場合に使われる方法です。初期化を行うとデータがすべて消えてしまうので、行う前にバックアップなど必要な作業を忘れないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました