iPhoneのバッテリー寿命はどれくらい?寿命のチェック方法と寿命を延ばすコツをご紹介!

iPhone

iPhoneのバッテリーには寿命があります。「前よりも充電が持たなくなった」と感じたら、それはバッテリーの寿命が近いのかもしれません。

この記事では、iPhoneのバッテリー寿命のチェック方法と、充電の持ちが悪くなった際の対処方法をご紹介します。

iPhoneのバッテリー寿命の目安は?

Appleの公式サイトによると、iPhoneのバッテリーは「フル充電のサイクルを500回繰り返した際に、本体の容量の最大80%を維持する」ように設計されています。

iPhoneに搭載されている充電式バッテリーは消耗品のため、寿命があります。そのため、最大容量が80%を切るようであればバッテリー交換を検討する必要があるでしょう。

人によって使い方が異なるので一概には判断できませんが、頻繁に使う人だと1年半~2年でバッテリー交換が必要になる場合も少なくありません。

特に長時間ゲームをしていたり動画を見たりする方は、劣化が早いとされています。

バッテリーが寿命に近づいているサイン

iPhoneのバッテリーは、寿命が近づくとさまざまな不具合が出てきます。ここでは、バッテリーが寿命に近づいた際に起こりやすい挙動についてご紹介します。

バッテリーが早く減る

「以前よりもバッテリーの減りが早くなった」という症状はよくあるサインのひとつです。

以前と同じようにしっかり充電したにも関わらず、すぐにバッテリーが減ってしまう場合は、寿命が近いサインかもしれません。

また使っているときだけでなく、使っていないときにもどんどんバッテリーが減っていく場合も同様です。

バッテリーが残っているのに電源が切れる

バッテリーの残量が約20~30%残っているにも関わらず、いきなり電源が切れる場合も要注意です。

この症状が出た後でも、通常のように充電すれば元に戻ることが多いですが、頻発すれば使い勝手が悪くなってしまいます。

充電に時間がかかる

iPhoneのバッテリーが満タンになるまで時間がかかるようになってきた場合も、バッテリーの寿命を疑いましょう。

バッテリーがいきなり減る

バッテリーがいきなり5~10%ほど一気に減るなどの症状もあります。これは、バッテリーの劣化がひどい場合に起こりやすい症状で、充電できる容量が減っていることが主な原因です。

バッテリーが変形している

バッテリーが膨張している、バッテリーが割れているなど、バッテリー自体が変形していたら寿命を迎えているサインです。

変形しているバッテリーを使い続けるのは危険なため、早めに交換しましょう。

iPhoneのバッテリー寿命を延ばすコツ

バッテリーは少し工夫するだけで、寿命を延ばすことが可能です。

ここではiPhoneのバッテリー寿命を延ばすコツをご紹介します。

充電する回数を減らす

できるだけiPhoneの充電回数を減らすよう心がけましょう。iPhoneのバッテリーは充電回数に応じて受電容量が減る仕組みになっています。そのため、少しでも充電回数を減らすように工夫することが大切です。

たとえば50%くらいになってもすぐに充電せず、30%以下になるまで待ってみましょう。

ただし、0%まで完全に使い切ってから充電すると、バッテリーへの負担が大きくなってしまいます。そのため、20~30%程度を目安に充電を始めるのがおすすめです。

100%充電されたらすぐに充電器から外す

iPhoneのバッテリーが100%まで充電されたら、充電器から外しましょう。充電が満タンになったにも関わらず、そのまま充電器に差したままにしておくと、バッテリーに負荷がかかってしまいます。

負荷が大きくなればなるほど、バッテリーの劣化を早めてしまうので注意が必要です。

充電しているときはなるべく使用しない

充電しながらiPhoneを使うのはできるだけやめましょう。充電しながら使用すると、バッテリーへの負荷が大きいため劣化が進んでしまいます。

また充電中は本体の温度が高くなることが多いです。そこで、さらにバッテリーが必要なアプリなどを使用すると、より温度を上げてしまいます。

日常的に充電しながら使用することを繰り返していると、バッテリーの寿命を縮めてしまうので注意しましょう。

充電中はケースを取り外す

可能であれば充電中はケースを取り外しましょう。ケースをつけたまま充電すると、過度の熱が発生し、バッテリーに影響を及ぼしてしまう可能性があります。

「充電しているときにiPhoneが熱い」と感じたら、ケースを取り外すのがおすすめです。

高温状態にしない

バッテリーは高温状態に弱いため、注意が必要です。たとえば真夏に車の中にiPhoneを放置すると、思いのほか高熱になってしまいます。最悪の場合、そのまま動かなくなる可能性があります。

そのため、なるべく高温状態になる場所に放置しないようにしましょう。

まとめ

寿命を迎えたバッテリーは、基本的に交換するしか対処方法がありません。そのため、少しでも寿命を延ばすためには、日常的に気をつけて使用することが大切です。

バッテリーを長持ちさせるコツは、どれも簡単に実践できますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました