【2021年】買い替えるならこれ!iPhoneのおすすめ機種をご紹介

iPhone

言わずと知れた人気ブランドiPhoneは、毎年新しいモデルが発表されています。そのため、「どこが違うの?」「どう選べばよいの?」と迷っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、iPhoneのおすすめ機種と目的別の選び方についてご紹介します。

iPhone選びのポイント

iPhoneにはさまざまな機能が搭載されており、価格も大きく異なるため、選び方を知っておく必要があります。

ここではiPhoneの選ぶときのポイントをご紹介します。

カメラの性能で選ぶ

iPhoneのカメラの性能で選ぶ方法です。近年のスマホはカメラ性能が大幅に進化しているため、どのくらいの機能が欲しいのか考えておきましょう。

カメラの性能で注目したいのが、「画素数」と「レンズの数」です。画素数が高いほど、鮮明で美しい画像が撮影できます。

またiPhoneは機種ごとにレンズの数が異なります。レンズの数が多いほど、広角や望遠などの機能が充実しているのが特徴です。

「よく写真を撮る」「とにかくキレイな写真を撮りたい」という方は、カメラの性能で選んでみてはいかがでしょうか。

CPUの性能で選ぶ

CPUとは、スマホの性能を表す指標のひとつです。CPUは「中央処理装置」の略称で、ここが高性能であるほどスマホの処理能力が上がります。

「早く動くiPhoneが欲しい」「高性能の機種を選びたい」という方は、CPU性能に注目してみましょう。

本体価格で選ぶ

本体価格に注目して選ぶ方法です。iPhoneは機種によって4万円台のものもあれば、10万円を超える高価な機種もあります。

2021年現在購入できる機種を比較しても、本体価格は大きく異なります。そのため、価格を重視したい方は本体価格をチェックしてみましょう。

カメラ性能で選びたい人向けのおすすめ機種

iPhoneのカメラ機能は年々進化しており、基本的に新しい機種ほどカメラ性能は上がっています。ここではカメラ性能で選ぶおすすめiPhoneをご紹介します。

・iPhone 12 Pro Max(129,580円(税込)~)

iPhone 12 Pro Maxは、iPhone12シリーズの中でもっとも高性能なモデルです。

iPhone上位モデルに搭載されているトリプルカメカメラが特徴で、広角カメラにミラーレス一眼、センサーシフト式の手ブレ補正が搭載されています。

また「光学2.5倍の望遠カメラ」と「光学5倍のズームレンジ」を備えており、予算が許すなら選びたいモデルです。

・iPhone 12(82,280円(税込)~)

iPhone 12には先進のデュアルカメラとA14 Bionicチップが搭載されています。

暗い場所でもキレイな写真撮影ができたり、高品質な動画を撮ったりすることが可能です。

また「超広角」「広角」モードも使用できます。

iPhone 12 Pro Maxは予算的に厳しいという方におすすめです。

スペックで選びたい人向けのおすすめ機種

「せっかく買い替えるならスペックの高いiPhoneが欲しい」という方も多いです。ここでは、スペックで選ぶおすすめiPhoneをご紹介します。

・iPhone 12 Pro Max(129,580円(税込)~)

iPhone 12 Pro Maxは2021年4月現在で、もっともスペックの高いiPhoneです

iPhone 12 Proよりディスプレイサイズとバッテリー容量が大きくなり、カメラ性能もアップしています。

6.7インチとディスプレイサイズが大きいため、見やすさに定評があります。またSuper Retina XDRディスプレイを採用しているので、これまでにない美しい解像度が特徴です。

・iPhone 12 Pro(117,4780円(税込)~)

サイズ、バッテリー容量、カメラ性能以外は、iPhone 12 Pro Maxと変わりません。

一回り小さいサイズなので、「iPhone 12 Pro Maxは大きすぎる」と感じる人におすすめです。

処理性能などは、iPhone 12 Pro Maxと変わらないため、そこまで高性能なカメラ性能がいらない人であればiPhone 12 Proが選択肢に入るでしょう。

5Gが欲しい人向けおすすめ機種

iPhoneは12シリーズから5G対応になりました。5Gは4Gと比べると、通信速度がけた違いに速いのが特徴です。

今後5G対応エリアはどんどん広がっていくとされているため、5G搭載モデルから選ぶのもおすすめです。

・iPhone 12(94,380円(税込)~)

iPhone 12より、iPhoneは5Gに対応しています。5Gによって高速な通信が可能なため、よりスムーズに動画やゲームなどをプレイ可能です。

さらにSuper Retina XDRディスプレイが搭載されており、旧機種よりもさらに明るく、美しい映像を実現しています。

性能と価格のバランスが整っているモデルといえるでしょう。

・iPhone 12 mini(82,280円(税込)~)

5Gに対応しているスマホの中で、もっとも小さいとされているモデルです。画面サイズが5.4インチと小さめですが、性能はiPhone 12と変わりません。

「小さめのスマホが欲しいけれど、性能も高いほうがよい」という方におすすめです。

コスパ重視の人向けのおすすめ機種

iPhoneの現行機はどれもスペックは高いですが、価格が高いのがネックです。そこで、ここではコスパ重視の人向けのおすすめ機種をご紹介します。

・iPhone SE(第2世代)(49,280円(税込)~)

iPhone SE(第2世代)は2020年4月に発売されたモデルで、iPhone SEの後継機です。

A13 Bionicが搭載されているので、処理能力はフラグシップモデルと変わりません。

またiPhone SEは現行機には搭載されていない「ホームボタン」が搭載されているのが特徴です。

・iPhone 11(71,280円(税込)~)

ひとつ前のモデルのため、iPhone 12よりも安く購入できるのが魅力です。ひとつ前にモデルといっても、カメラ性能や処理性能も普段使いするぶんには問題ありません。

「5Gはいらない」「高性能モデルを安く買いたい」という方におすすめです。

まとめ

iPhoneは年々進化しており機能もたくさん搭載されているため、どれを選んでよいか迷いがちです。そのため、自分がiPhoneに何を求めているかを確認してから、選び始めるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました