iPhoneとアンドロイドって結局どっちがいいの?比較するポイントをご紹介!

iPhone

日本でスマホといえば「iPhone」と「アンドロイド」の2つを利用されている方が多いです。この2つが結局どう違うのか、しっかりと把握していない方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、iPhoneのアンドロイドの主な違いや特徴、機種変更時の注意点などをご紹介します。

iPhoneとアンドロイドはどう違うの?

まず前提として、「iPhone」はスマホの機種名で「アンドロイド」はGoogle社が提供しているOSの名前です。iPhoneのOSは「iOS」という独自のものが使われています。

OSとはスマホを動かすためのソフトウェアのことで、どのスマホにもOSが搭載されています。

つまり

・Apple社が提供する「iOS」を搭載した物が「iPhone」

・Google社が提供する「アンドロイド」を搭載した物が「アンドロイドスマホ」

となります。

アンドロイドを搭載した代表的なスマホには、「Galaxy(ギャラクシー)」「Xperia(エクスペリア)」などがあります。

一方、「iOS」が搭載されスマホはiPhoneの1種類のみです。そのため、よく「iPhone」と「アンドロイド」が比較されるのです。

iPhoneとアンドロイドの機能の違いとは

iPhoneとアンドロイドの主な違いは機能です。それぞれ独自の機能や装備が備わっています。ここではそれぞれに搭載されている機能をご紹介します。

アンドロイド独自の機能

アンドロイドにあってiPhoneにはない独自の機能には以下のような物が挙げられます。

・アプリのインストールはGoogle Play ストア

・おサイフケータイの種類が豊富

・マルチタスクが可能

・充電器がUSBタイプ

・ホーム画面やウィジェットのカスタマイズができる

・SDカードが入るのでデータ管理がしやすい

iPhone独自の機能

iPhoneにあったアンドロイドにはない機能には以下のような物があります。

・アプリのインストールはApp Store

・充電器がLightningタイプ

・iPhoneのみなので選びやすい

iPhoneとアンドロイドそれぞれのメリット

iPhoneとアンドロイドには機能以外にもさまざまな特徴があります。ここではiPhoneとアンドロイドで知っておきたい独自のメリットをご紹介します。

アンドロイドのメリット

・端末の種類が多い

アンドロイドの端末は多くのメーカーから「Galaxy(ギャラクシー)」「Xperia(エクスペリア)」などの機種が発売されています。

ハイスペックな物、廉価版、シニア向けなど種類が豊富なため、デザインや予算など用途に応じて選択肢が多いのがアンドロイドのメリットといえます。

・自由度が高い

アンドロイドの大きな特徴がカスタマイズの自由度が高い点です。アンドロイドスマホはホーム画面やウィジェットのカスタマイズが可能です。

ホーム画面用の無料アプリが多く、自分が使いやすいデザインに自由に配置できます。またホーム画面に「Google検索ウィジェット」を配置できるのもアンドロイドスマホだけです。

・決済方法が多い

アンドロイドのスマホ決済は、Google Payを利用します。iPhoneがよりも対応している電子マネーの数が多いため、決済方法を選びやすいのがメリットです。

iPhoneのメリット

・指紋認証や顔認証が高精度である

iPhoneは指紋認証や顔認証などの認証機能が高精度であるとされています。特に顔認証には「3次元顔認証」機能が搭載されています。これは、顔の凹凸などの3次元情報を含めた認証を行うことでより高い精度で認証が行える機能です。

最新機種は精度と共にスピードもアップしているため、日常生活において使いやすいといえるでしょう。

・MacやiPadと連携できる

iPhoneはMacやiPadなど、Apple社の他のデバイス間と連携がしやすいのも特徴です。iPhoneとMacやiPad間であれば、ケーブルをつながなくても写真や動画などの転送が可能なので、バックアップなどにとても便利です。

もちろんケーブルをつないですべてのデータをバックアップすることもできます。

・直感的な操作ができる

iPhoneはアンドロイドと比較して、シンプルで直感的な操作がしやすいようにデザインされています。基本的にiPhoneは機種ごとの操作が同じなので、機種変更しても戸惑うことなく使えます。

カスタマイズ性は低いですが、一貫して操作しやすいのがiPhoneのメリットといえるでしょう。

機種変更する際の注意点

アンドロイドからiPhoneもしくはiPhoneからアンドロイドに機種変更する場合は、いくつか注意点があります。

・データの引き継ぎ

まずはデータの引き継ぎについてです。アンドロイドの場合、SDカードにデータを保存している方も多いと思いますが、iPhoneではSDカードは使えません。そのため、いったんクラウドストレージかパソコンなどにデータを移し、そこから機種変更後のiPhoneに引き継ぐ必要があります。

iPhoneからアンドロイドに機種変更する場合、iPhoneのクラウドストレージである「iCloud」に保存されているデータは引き継げないので注意しましょう。

・充電器の違い

iPhoneとアンドロイドでは、充電器の規格が異なります。充電器自体は機種変更時に付属するので問題ありませんが、モバイルバッテリーなどを使用している場合はコードの規格が異なるので注意しましょう。

まとめ

iPhoneとアンドロイドはそれぞれ機能や特徴が異なります。また機種によっても価格や機能が異なるので、自分がどんな機能が欲しいのかを考えて選ぶのがおすすめです。

一例ですが、直感的で使いやすいスマホを持ちたいならiPhone、ホーム画面を色々カスタマイズしたいならアンドロイドのように欲しい機能を考えて選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました