Galaxy S21の特徴は?シリーズごとのスペックやカメラ機能をご紹介します

Android

日本でも2021年4月に発売された「Galaxy S21」シリーズ。3種類のモデルがラインナップされており、それぞれ特徴があります。

本記事では、Galaxy S21のスペックや性能、前モデルと変わったところ、最新機種を選ぶメリットなどをご紹介します。

Galaxy S21とはどんなモデル?

Galaxy S21はサムスンから2021年1月に発売されたフラグシップモデルです。

日本では2021年4月にドコモとauから発売されました。

Galaxy S21は以下の3モデルが展開されています。

・Galaxy S21 5G

・Galaxy S21+ 5G

・Galaxy S21 Ultra

これらの3つのモデルは、画面サイズ、カメラ性能などに違いがあります。さらに最上位モデルである「Galaxy S21 Ultra」はスタイラスペンの「Sペン」に対応しているのが特徴です。

Galaxy S21シリーズのスペック

  Galaxy S21 5G Galaxy S21+ 5G Galaxy S21 Ultra
CPU Snapdragon 888 5G Snapdragon 888 5G Snapdragon 888 5G
画面 約6.2インチ 約6.7インチ 約6.8インチ
メインカメラ 約6,400万画素 約1,200万画素×2 約6,400万画素 約1,200万画素×2 約10,800万画素 約1,200万画素 約1,000万画素×2
インカメラ 約1,000万画素 約1,000万画素 約4,000万画素
ディスプレイ 2400 x 1080 (FHD+) 2400 x 1080 (FHD+) 2400 x 1080 (QHD+)
RAM / ROM 8GB / 256GB 8GB/256GB 12GB / 256GB
本体サイズ 約71×152×7.9mm 約76×162×7.8mm 約76×165×8.9mm
重量 約171g 約200g 約228g
バッテリー 4000mAh 4,800mAh 5000mAh

「Galaxy S21」と「Galaxy S21+」の基本スペックは変わりませんが、画面サイズとバッテリー容量に違いがあります。

「Galaxy S21 Ultra」はS21の中でも最上位のモデルで、カメラ機能のスペックが大きく上回っています。

カメラ機能

Galaxy S21はS20 とカメラの画素数は変わりませんが、ソフトウェア部分の機能に大きな違いがあります。

Galaxy S20にも搭載されていた「シングルテイク」がアップデートされ、シーンの判別や認識機能がさらに向上しました。

さらにインカメラとアウトカメラを同時に起動させる機能も搭載されているので、写真を撮るのが好きな方にもおすすめです。

さらにGalaxy S21 Ultraは最高峰のカメラを搭載しています、メインカメラが10,800万画素と大幅にアップし、3倍と10倍の2つの望遠カメラ機能が使えます。

さらにUltraは100倍までの超解像度ズームも可能です。S21とS21+にはないマクロ撮影や高機能なズーム機能があるため、カメラ機能にこだわりたい人はUltraがおすすめです。

ディスプレイ

Galaxy S21とS21+では、フラットディスプレイが採用されています。

またディスプレイの仕様も変更されており、48Hz~120Hzの「可変リフレッシュレート」に対応しているのが特徴です。

これは、1秒間に画面を何回書き換えているかを示すもので、リフレッシュレートが高いほど滑らかに表示されます。

さらにGalaxy S21 Ultraは10Hz~120Hzの「ダイナミックリフレッシュレート」が採用されています。

Galaxy S21 UltraはSペンに対応

最上位モデルの「Galaxy S21 Ultra」は、スタイラスペンの「Sペン」に対応しています。

これまでSペンはGalaxy Noteシリーズのみに対応していましたが、Sシリーズにも対応モデルが登場しました。

ただし、付属しているわけではなく対応しているだけなので、Sペンを利用したいなら別売りで購入する必要があります。また本体に収納スペースも設けられていないため、専用ケースなどを用意する必要があるので注意しましょう。

前モデルとの違い

1つ前のモデルであるGalaxy S20とGalaxy S21のスペックを比較すると以下のようになります。

  Galaxy S20 5G Galaxy S21 5G
CPU Snapdragon 865 5G Snapdragon 888 5G
画面 約6.2インチ 約6.2インチ
メインカメラ 約6,400万画素 約1,200万画素×2 約6,400万画素 約1,200万画素×2
インカメラ 1,000万画素 1,000万画素
ディスプレイ 3200 x 1440 (Quad HD+) 2400 x 1080 (FHD+)
RAM / ROM 12GB / 128GB 8GB / 256GB
SDカード MicroSD (最大1TB) 非対応
本体サイズ 約69×152×7.9mm 約71×152×7.9mm
重量 約163g 約171g
バッテリー 4000 mAh 4000 mAh

Galaxy S21には最新CPUの「Snapdragon 888 5G」が搭載されているのが特徴です。

開発元である「Qualcomm(クアルコム)」によれば、Galaxy S20よりもCPU性能が約25%、グラフィック性能は約35%向上しているとされています。

端末のデザインの違い

Galaxy S21では、これまで採用されてきたエッジスクリーンはGalaxy S21 Ultraのみとなり、Galaxy S21とS21+はフラットな側面に変化しています。

背面はカメラと部分に金属の素材が使用され、メタリックな印象になりました。カメラの出っ張りも解消されたことから、前モデルで出っ張りが気になっていた方はS21がおすすめといえます。

またS21は全体的に曲線が多い丸みのある印象のデザインとなっています。

最新機種を選ぶメリット

見た目には大きな変化はありませんが、CPU性能やカメラのソフトウェア機能は大きく変化しています。さらにS21+はS20+からバッテリー容量が300mAhアップしました。

プロセッサの機能やカメラ機能などの性能がアップしているため、さらにきれいな写真を撮りたい、サクサク動くスマホを持ちたいという方は、最新機種を選ぶメリットは大きいでしょう。

まとめ

Galaxy S21は最新のCPUを搭載しているハイエンドモデルのため、「とにかくサクサク動くスマホが良い」「ゲームや動画をストレスなく使いたい」という人におすすめです。

さらに3つのモデルがラインナップされているため、画面サイズやカメラ機能など、自分が欲しい機能が選べるのもメリットです。

ぜひ気になるモデルがあったら購入や買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました